暮らしの中で花を慈しむ

以前、まだ若い頃に姉と旅したパリ…


風土や文化、街、人、物、空気…全てまるごと美意識で出来ているような…それを肌で感じた衝撃を、昨日の事のように思い出します。


その中の一つ、心惹かれたのはパリのお花屋さんがとってもオシャレなこと。


母の影響でお花が大好きな私は、パリジェンヌのおもてなしや、暮らしへのさりげないお花の取り入れ方にも興味が尽きません。


いつも新しい気づきを与えてくれるパリのセンス。


そういえば、パリで滞在したホテルや、お茶を楽しんだカフェにも、とても印象的な、さりげないのに品のあるお花がしつらえてありました。


パリでは人が集まる場所には必ずお花を飾るという文化が根付いているそう。

そしてやはり、お料理とお酒、楽しい会話と同じくらい、ゲストを迎えるお花の役割は大きいのだそうです。


おもてなしの場などでお花を美しく生けられるのは、普段、パンやチーズと同じようにお花を買い、飾っているからこそなのだろうな…と。


毎日、少しでもお花を慈しみ、飾り続ける。そんな心地よい暮らしが、ハイセンスなおもてなし上手を育むのですね。



メゾンドゥファミーユには、そんなセンスを感じる花の器(バーズ)を色々と取り揃えております!


私がメゾンドゥファミーユのバーズと出会い、とても印象的だったのは、そのダイナミックな大きさやシックなデザイン、そして色使いです。

エントランスやテーブルを華やかに演出できるバーズは、高さやボリュームのあるものが多く、

また、お花をぐっと引き立てるシックな色使いや素材、形も独特です。

私が以前、とても気になり購入したのがこちら。↓↓

細かく波打つような凹凸と、シックな色に惚れてしまいました。笑

メゾンドゥファミーユならではのこの色合いにより、水を入れると美しく乱反射し、お花の色彩が見違えるほど鮮やかになるのです。



色々なアレンジが楽しめることもメゾンドゥファミーユのバーズならでは。

枝もので、モダンかつ雅に…

エキゾチックな色調にもよく合います。



その他にもアレンジ次第でバーズの代用ができるものもありますよ!

店頭にて是非、実物をご覧くださいませ。

他にはないセンス、質の高さを感じて頂けると思います。


日々のお花をメゾンドゥファミーユのバーズにしつらえて、暮らしの質もワンランクアップ!

そして色々なアレンジのお話をしませんか?


ご来店、心よりお待ちしております!


メゾンドゥファミーユ新宿髙島屋店

笠井

オンラインショップはこちらのリンクからどうぞ♪

メゾンドゥファミーユ

0コメント

  • 1000 / 1000