Coutellerie

いよいよ本格的な夏到来ですね。
夏が苦手な私にとっては、魂が抜けてしまう季節。
昼間の太陽にすべてを吸い取られてしまうため夏の夜は、お食事だけでも・・と素敵なディナーをいただくようにしています。
 
そんな時に苦手なのがカトラリー(ナイフ・フォーク等)の順番・・・
少つしカジュアルな場所を選んで気にせずに楽しむのもありですが、
せっかくだからとフォーマルな場所にすると結果「外側から外側から・・」の呪文を繰りかえし、ああやっぱりお箸の国の一員なのね・・と実感してしまいます。
 
メゾンドゥファミーユのテーブルコーディネートでも大切な存在のカトラリー・今回は、次回の新作カトラリーとともに少しだけまつわるストーリーをご紹介します。
 
まずナイフ・スプーン・フォークが、セットとして一緒に使われるようになったのは19世紀頃。それ以前は、手づかみでの食事方法だったと前回のブログでお伝えしていますが、これは道具がなかったわけではなく、【神聖なる食事には自分の手指だけを使うことができる】といった宗教的な思想から生まれた食事方法だったようです。
 
今でこそ洋食にかかせないこのカトラリーセットですが、
ナイフ→スプーン→フォークの順番でばらばらに食卓に登場しました。
後に美食と、豪華な装飾文化とともに、カトラリーの種類もたくさん増えていきます。
 
最近になるとカトラリーのセッティングも様々で、外側から内側へ並べるバンケットセッティング・必要に応じて用意するサプライズセッティングなど、その時々のシーンに合わせて使い分けられています。
メゾンドゥファミーユでは、フランス式のスタイルでセッティングしています。

基本的に刻印がある方が裏側になるので、その刻印を隠すために下向きに伏せておきますが、もともとは刃物として伝わったカトラリーの刃先を伏せることにより、
食事を共にする相手に敵意がないという意思を表すためだったという説もあります。
フランス人の繊細さと強い意志が伝わる説ですよね。
 
さてさて話は現代に戻り、
メゾンドゥファミーユでは、待ちに待った新作のカトラリーが入荷します。

こちらが久しぶりの新シリーズ。
クリアな持ち手部分は、食事や食器・テーブルリネンとの色合いを気にすることなくお使いいただけるので、様々なシーンに溶け込んでくれるはずです。

 そして、皆さま朗報です!
こちらは新作カラーが仲間入りのチョップスティック☆お箸です。
前回の入荷は1色のみでしたが今回は3色のご用意。
優しいアイボリー・シックなグレー・深みのあるグリーン。
わたしのおすすめはグレーですが、スタッフYはグリーンがおすすめらしく
各色揃えてゲストに選んでもらうのも、意外と楽しいかもしれませんね。

今月末の青山店で開催されるイベントにて販売スタート!ぜひお楽しみに!
 
メゾンドゥファミーユ 田中
 
 
 
 
 

オンラインショップはこちらのリンクからどうぞ♪

メゾンドゥファミーユ

0コメント

  • 1000 / 1000