パリから日本へ

日本の「MAISON DE FAMILLE」もパリ本店のコンセプトに基づき、
マダム達から伝えられたスタイルや店内のしつらえの仕方を、20年間もの間受け継いできました。
 
お客様をお迎えするサロンは暖かく優雅な雰囲気で、ダイニングは大切な家族や仲間たちと過ごす華やかなセッティング。
そしてその奥は、ゆっくりと自分の時間を過ごすリラックスしたプライベートシーンで構成されています。

 
ソファに無造作にかけられたファーのプレードはメゾンのディスプレイならでは。

さっきまでその場所にいたかの様な動きのあるサロンスペースは、
パリのマダム達の生活を見て感じることができます。

柔らかいファーのプレードに包まれて、歓談を楽しむ、、、優雅な生活に憧れます!!
 

フォークやスプーンをカーブの方を下にディスプレイするのは、フランス式のテーブルセッティング。

フランス産のカトラリーにはフォークやスプーンのカーブの方にブランドや表記の刻印がされており、このことからもカーブの方が裏側と認識されているのがうかがえます。

それぞれの国でセッティングさえも異なるのですね。

入社当初の私は、裏面にする意味を知らず何度も表に戻してしまっていたのを思い出します、、、
 

綺麗に並べられたタオル達。
角がしっかりと揃えられています。
リネンやタオルなどのたたみ方ひとつとってもマダムからの教えが。
 
タオルや布物の端をそろえてきっちりとたたむ、タオルはエポンジュといって軽く表面を撫で、パイルを立たせて、、、
 
商品たちが一番きれいに見えるしつらえの仕方を教わりました。
最初は中々美しくできずに苦労しましたが、綺麗にたたまれたリネンを見て「Bravo!!」とマダムからお褒めの言葉をいただいたこともあるとか。

店内のディスプレイはお客様にゆったりと優雅に過ごして頂くために心を込めて整える。

今も私たちが大切にしている事でもあります。
 

私自身、初めてのインテリアの仕事に携わり、知らなかったことや初めて知る生活様式には驚きの連続です。
まだまだこれから初めてが沢山あるでしょう。
 

時代が変わり商品もいろいろと変わっていきますが、ナヌー・クレパン、アン・カトリーヌ母娘より受け継がれたことを大事にし、これからも皆様に愛される「MAISON DE FAMILLE」作りを大切にしていきます。
 
 
 
メゾンドゥファミーユ青山本店 風間   悠

オンラインショップはこちらのリンクからどうぞ♪

メゾンドゥファミーユ

0コメント

  • 1000 / 1000